犬のえさについて


子犬のえさについて

犬は年齢に応じてえさの内容を変えてあげる必要があります。人間も年齢で食べられるものが変わったり、嗜好が変わったりしますね。犬も同じです。

まず子犬の場合、産まれてから6週間は母乳かミルクを与えます。そこから3ヶ月は、離乳食や子犬用のドッグフードを与えましょう。ペットショップなどですでに離乳食を食べていた場合には、最初は同じものを与えるようにした方が食べてくれる可能性が高くなります。徐々に違う味を混ぜながら他のものも食べられるようにしていけば、半年経つ頃には普通の「ドッグフードを食べられるようになるでしょうえさの回数は、離乳食を始める頃から1日3、4回を目安にしましょう。

半年過ぎれば、一回に食べる量が増えてくるので1日2回で十分です。


成犬、老犬のえさについて

犬は2歳からが成犬だと言われています。この頃には、成犬用のドッグフードを食べられるようになります。えさの回数は、1日2回が目安です。

おやつについては、2回のえさに差し支えがあい量を決まった時間に与えるようにしましょう。おやつの与え過ぎは肥満のもとです。子どもなどは、えさを与える事が楽しくておやつをどんどんと与えてしまう場合もありますので、子どもが飼育する場合にはえさやおやつの量をきちんと守る事が大切という事を伝えておく必要があります。7歳を過ぎると老犬の範囲に入ります。

老犬になると運動不足や消化機能の低下から食欲をなくす犬も出てきます。また噛む力が弱まる場合もありますので、えさは柔らかめのもので、低下カロリー、食物繊維の多いものなどを与えると良いでしょう。犬用のサプリメントなども販売されていますので、上手に利用していみるのも良いでしょう。


老人会のみんなは犬のしつけが流行っている

老人会で犬を飼っている人が多く、みんな、しつけにはまっているというのだ。
今まで長く一緒に暮らしてきたが、おばあちゃんが犬にしつけを教える姿は想像が出来ない。
しかし、それで元気が出てくれるならいいだろうと、家族はおばあちゃんの望みを叶えることにした。
今度の休みに一緒にペットショップに行こうということになった。

ペットショップは初体験だったらしく、おばあちゃんは興奮していた。
こんなに興奮しているおばあちゃんは初めて見た。
幼い子供を見ているようで、可愛いものだった。
力がないおばあちゃんも、安全に飼えるように、小さい種類を選ぼうとしていると、大きい種類がいいと、予想外なことを言い出し、驚いた。
大きな種類を飼って、散歩もしたいというのだ。
しつけだけではなく、日々の散歩もしようとしていることに、私はおばあちゃんからみなぎるパワーを感じた。

若者もお年寄りもみんな犬のしつけで愛犬のお世話をしよう。